硬い被膜の塗料は、壁と一緒にヒビ割れてしまいます。
ヒビ割れが起きると壁に水が侵入し、直ぐに建物は腐食し始める為、ヒビ割れは絶対放置してはいけません。
ヒビ割れ対策には、壁がヒビ割れても、塗料が伸びて水の侵入を防いでくれる伸縮性のある弾性塗料を使うのがおすすめです。

Tags:

 

水にとけてしまう塗粗なら雨風にも弱そうと考えてしまいますよね。 最近の外壁塗料は、ほとんどが水性塗料になっています。 塗装する時にシンナーを使うと、きつい臭いがしたり、乾燥中に大気中へシンナーが蒸発するなど、環境汚染につながります。 そこで出来る限り塗料を水性化して、環境にやさしくしています。 塗装職人さんも水性の方が扱いやすく、危険なシンナーを現環へ持っていかずに済みます。 塗料技術の発達により、水性であっても塗装されて乾燥してしまうと、 従来のシンナー型塗粗と変わらない強い膜になります。最近は水性シリコンなど、より太陽光線に強い樹脂が使われ、大切な家を長く保護できる様になりました。

Tags:

凸凹模様になる塗料は、吹き付け塗装をします。 平滑な仕上げや、なみがたの仕上げはローラー塗装で行います。 仕上がり模様が違うだけで、どららが強い、弱いなどは関係ありません。お家の立地条件で吹き付け作業が出来ない場合もあり (塗料の飛散や塗装機の騒音)、塗装にもローラー専用のものや、吹き付け専用のものがあります。

Tags:

建物は建った時からすでに老化が始まっています。再塗装に年数の規定はございません。一般的には7年~10年位かと思います。立地条件や外因によっても多少違ってきます。目安としては色があせたり変色して美観が損なわれるようになった。チョーキング(塗装表面から白い粉の出る状態)外壁のヒビ、サイディング目地割れ、表面に細かいヒビが出てきた。コーキング部分が割れてしまった。ベランダや階段等、鉄部に錆が出てきた。木部(扉や戸袋など)塗装膜に剥離藻やカビなどが生えてきたなどが考えられます。

Tags: